ノコア 妊娠線

ノコアクリームを妻の妊娠線に使ってみた結果

 

妻の妊娠したときに、夫である私が協力していたので、そのときの体験談として参考になればと思い執筆いたします。

 

 

妻が1人目を妊娠した際には、少しお腹が大きくなってきたので、妊娠線予防にと保湿クリームでお腹周りや足の付根の部分までしっかりマッサージも含めて、塗っていました。

 

 

しかし、いざ出産してから見てみると、やはり妊娠線ができてしまいました。

 

 

妻がどうしても気にしていたので、ネット通販で売られているノコアクリームを購入して、妻に薦めてみました。

 

 

 

それまで使用していた保湿クリームとは違い、ベタつきは気になりませんでした。

 

 

塗り心地としては以前のクリームよりは物足りないような感覚もあり、効果を期待するまででした。

 

 

妊娠線が気になる部分が、水着などでも見えてしまう下腹や足の付け根なので、人からも見えてしまいます。

 

 

若い年齢での出産ということもあり妻本人は1日でも早く、妊娠線を消し去りたい一心だったようです。

 

>>ノコア公式通販

 

 

 

使用開始から2か月ほど

 

ノコアクリームを使って2ヵ月経たないときだったでしょうか。

 

 

前よりも目立たなくなってきたという印象にまで妊娠線が見えにくくなってきました。

 

 

最初は、薬局で買えるクリームと何が違うのだろうかと不安にも思ってしましたが、少し効果が見え始めたので、リピート購入してみることにしました。

 

 

ほぼ毎日塗ることを続けてたということもあり、徐々にではありますが妊娠線が消えていっているような感じになってきました。

 

 

2ヵ月を過ぎると妊娠線を触ったときの、ボコボコとした感触もなくなってきて肌の色も戻ってきました。

 

 

妻自身も、良いという評価をしていて、前よりも気にならなくなってきたとのこと。

 

 

ただ、私も妻も完全になくなることを期待しているので、その辺は継続してみないとわからない部分でもあります。

 

 

 

完全に消すのは難しい?

 

妊娠前みたいに、きれいな肌に戻る可能性は今の段階では難しそうです。

 

 

というも、妊娠のときと妊娠前ではお腹の大きさの差が30センチ以上あります。

 

 

それだけ皮が引っ張られて、伸びているせいもあり伸びきった皮を妊娠前のようにするのはクリームだけでは難しいと思うからです。

 

 

いったん伸びてしまった皮は、縮むことでたるんだ状態になります。

 

 

ノコアクリームを今後どれだけ使っても、薄くはできても完全に妊娠線がなくなる可能性は低いといえるでしょう。

 

 

妊娠線防止には、妊娠しているときからのケアが必要とも言われていますが、なんせ赤ちゃんが予想以上にお腹で成長してしまうと妻のように張り裂けそうなほどお腹が大きくなります。

 

 

そのため、予防対策をしても効果を実感できないこともあります。

 

 

それよりも、出産後どういったケアをしていくかが重要になると感じました。

 

 

ケアをするしないでは大きな違いがあることがわかったので、2人目を妊娠した際には、もっと早めに十分なスキンケアを考えたいと思っています。

 

 

※ノコアクリームは複数本購入するなら公式サイトがお得なようです。

 

>>ノコア公式通販

 

肉割れ クリーム ランキング

 

page top